ダイエット中の女子必見!内臓も意識?基礎代謝を上げて痩せるコツ

ダイエット中の女子必見!内臓も意識?基礎代謝を上げて痩せるコツ

ダイエット中の女子必見!内臓も意識?基礎代謝を上げて痩せるコツ

 

基礎代謝を上げれば、ダイエット効果にも期待できます。ところで、基礎代謝を上げるにはどのようにすればよいのでしょう。筋トレをすることは以前から推奨されてきましたが、実は内臓の働きも基礎代謝に大きく貢献しているのです。身体のどの部分を意識すると基礎代謝が上がるのでしょうか。ぜひチェックしてみましょう。

 

基礎代謝って何?

 

ダイエット中の女子必見!内臓も意識?基礎代謝を上げて痩せるコツ

 

まずは基礎代謝のおさらいです。「太った!」と思ったら、余分な脂肪を落とすために、運動をしなきゃという意識が働きますね。運動をすると、脂肪を燃焼させることができます。ところで、私たちの身体は、運動をしなければエネルギーが消費されないかというと、そうではありません。生命活動を維持するため日常的に、エネルギーが使われています。

 

何もしなくても、生きる上で消費されているエネルギーのことを、基礎代謝といいます。何もしないというのは、睡眠中や椅子に座って動いていない時など、直接運動をしていない時のことと理解してください。ダイエットを効率的に行うなら、運動をする以外に基礎代謝をあげて、エネルギーを消費しやすい身体になることがポイントということがわかります。ところで基礎代謝と運動で消費するエネルギー量、どちらが多いのか気になりませんか。

 

およそ6割が基礎代謝として消費される

 

ダイエット中の女子必見!内臓も意識?基礎代謝を上げて痩せるコツ

 

1日の総エネルギー量のうちどれくらいの割合が、基礎代謝に該当するのか考えてみたいと思います。基礎代謝が占める割合は、だいたい6割。多い人なら7割にもなるといわれています。結構多いと思いませんか。つまり、どんなに頑張って運動をしても、基礎代謝が低いと、ダイエットの効率も悪くなってしまうということになりますね。基礎代謝は上げておかなきゃ損です。

 

基礎代謝を上げるなら、筋トレを思いつく人も多いと思います。しかし筋トレ以外にも注目すべきポイントがあります。それは、身体のどの部分が基礎代謝に大きく関わるかという点。身体なかでも、エネルギーの消費量が多いところを強化すれば、基礎代謝量を上げて、1日の消費カロリーをアップさせることになりますね。

 

基礎代謝は筋肉と肝臓が鍵

 

ダイエット中の女子必見!内臓も意識?基礎代謝を上げて痩せるコツ

 

身体の中でエネルギーの消費量が大きいところは、筋肉。ちなみに身体の臓器もエネルギーを消費しており、その中でも肝臓が基礎代謝量が大きいのが特徴です。厚生労働省のe-ヘルスネットによると、基礎代謝の内訳で大きく占めるのは、骨格筋22%・肝臓21%・脳20%。骨格筋は、主に筋肉。そして、筋肉を鍛えることと同じくらい、肝臓の働きも重要であるのは、興味深いと思いませんか。そこで次から、筋肉と肝臓の基礎代謝を上げるコツをお伝えしたいと思います。

 

基礎代謝を上げるコツ〜筋肉編〜

 

ストレッチや筋トレを行う

 

ダイエット中の女子必見!内臓も意識?基礎代謝を上げて痩せるコツ

 

ストレッチなど筋肉をしなやかに保つことで、代謝の良い身体にすることができます。女性は筋肉量が少なく、身体が冷えている人も多いです。しかし、冷えは基礎代謝を下げてしまい、太りやすくなるデメリットも。冷えを解消するためには、筋トレをして必要な筋肉をつけることが大切です。筋肉は動かさなくても、体温を維持するためにエネルギーを消費。そのエネルギーが基礎代謝の22%を占める筋肉の基礎代謝量になります。

 

軽い有酸素運動を習慣にする

 

ダイエット中の女子必見!内臓も意識?基礎代謝を上げて痩せるコツ

 

運動の中でも、ウオーキングやジョギングなど有酸素運動を行うことで、血流がアップし、基礎代謝を上げることにつながるといわれています。さらに注目したい点として、有酸素運動で心肺機能を高めることにより、心臓や肺などの内臓の基礎代謝を良くすることも。心臓の1日の基礎代謝量の割合は9%です。生きているうえでは、ずっと動き続けているとわかる臓器。代謝を上げておいたほうがよい臓器といえるでしょう。

 

基礎代謝を上げるコツ〜肝臓編〜

 

正しい姿勢で、内臓の働きを良く

 

ダイエット中の女子必見!内臓も意識?基礎代謝を上げて痩せるコツ

 

肝臓の場合は、日常の姿勢から直すほうが早いでしょう。たとえば猫背の人は、身体が丸まってしまい、内臓を圧迫しがちな姿勢になっています。肝臓は胃の後ろあたりにあります。肝臓の基礎代謝を上げるなら、姿勢を正しくすること。たったそれだけで、本来の働きを取り戻し、代謝量を上げることにつながります。また正しい姿勢をするだけで、筋肉も使われるようになりますので、全体的な基礎代謝を上げることにもなります。

 

肝臓の働きを良くする栄養を摂取

 

ダイエット中の女子必見!内臓も意識?基礎代謝を上げて痩せるコツ

 

肝臓に栄養が足りていないと、働きが鈍くなるイメージもありますよね。肝臓に必要な栄養成分は、タウリンやオルニチン。肝臓は解毒・排出、栄養の分解・貯蔵などの働きがあり、タウリンやオルニチンが、肝臓の働きをサポートする栄養となるのです。食べ物でいうと、しじみ、ごま、納豆などが肝臓の働きを良くするといわれています。

 

さいごに

 

運動だけで痩せようとするのは、非効率的。基礎代謝を見直せば、寝ていても多くのエネルギーが消費されるようになります。筋トレや運動を習慣にするほか、肝臓も意識して基礎代謝アップにつなげてみてください。

 

 

入浴剤おすすめランキング